Photo Gallery 札幌の風景〜豊平館
豊平館は明治13年に北海道開拓使により建てられ、明治・大正・昭和3代にわたる天皇の行幸の宿泊所にもなった。
昭和33年に、豊平館は中島公園に移設された。
現在は結婚式場として多くの市民に利用されている。
明治時代の歴史的建築物として国の重要文化財としても指定されている。
様式の基調は米国式だが、意匠の細部に和風のモチーフを取り入れている。
正面玄関には半円形の車寄せを突き出し、その上を柱で支える半円形のバルコニーがある。
正面の赤い星は、北海道開拓使のマークである。
5月の豊平館。間もなく桜の季節を迎える。
外観は壁に白を、その他にウルトラマリンブルーを配している。
手前に池を配し、爽やかなたたずまいを見せている。
実に、明治時代の風情をよく伝える建物である。
水の貌(みずのかたち)」 滝と渓流のフォト・ギャラリー  www.m-kita.com